第9回国際地学教育会議

二次予選の奨励賞および成績通知書について

 

「奨励賞」と「成績通知書」のダウンロードを開始しました。次の場所から期間内に
ご利用ください。一次予選の受験番号とパスワードが必要です。

 

  場 所: ⟩⟩ こちらのページ から
  期 間: 2022年3月31日 ~ 4月30日

(2022/3/31)


二次予選を受験された皆さんで、本選に進出されなかった方が受賞する「奨励賞」と、
全員に発行する「成績通知書」のダウンロードは、3月31日の開始を予定しています。

 
ダウンロードができるようになりましたら改めてHP(ここ)でお知らせしますので、
もうしばらくお待ちください。

(2022/3/24)

最新情報 & 関連情報


◆◇ 関連情報 ◇◆

大会の流れ

9-11 日本地学オリンピック応募者募集 次年度の国際地学オリンピックに向けた日本地学オリンピック予選の受付は
【9月1日~11月15日】です。
12 日本地学オリンピック一次予選 12月中旬の日曜日の午後、受験者自宅等で約60分の試験を行います。
オンライン方式・原則として地学基礎(発展を含む)までの内容です。
1 日本地学オリンピック二次予選 1月下旬の日曜日の午後、一次予選の成績上位(高校3年を除く)約200名で全国約15会場において約90分の試験を行います。
マークシート方式・一次予選と同じ範囲ですが、問題が難しくなります。
3 日本地学オリンピック本選 3月中旬の日曜日~火曜日、予選の成績上位の中学3年生~高校2年生約60名で行います。
記述式・岩石化石鑑定。
3 国際地学オリンピック最終選抜 本選直後(火曜日)に、本選成績上位の10名で行います。
英語による筆記試験・面接などで代表4名を選抜します。
4-8 国際地学オリンピック代表研修 代表4名に対して通信研修を行い、1泊2日と2泊3日の合宿研修を5月と8月に行います。
9 国際地学オリンピック 諸事情により、時期は8月または10月のこともあります。