第9回国際地学教育会議

フューチャーアース・スクール online(2021年度第6回)


以下のとおり中学生高校生を対象とした地球科学の教育プログラム「フューチャーアース・スクール online」を実施いたします。

内 容 午前の部「火山噴出物から噴火を読み解く」
火山灰、軽石、溶岩など、火山の噴火で生み出される「火山噴出物」は多様です。今回は最先端の研究内容を取り上げながら、火山噴出物の多様性と噴火メカニズムとの関係についてお話ししたいと思います。また、火山噴火と人の暮らしとのつながりや、火山のめぐみに関する話題も取り上げたいと思います。
午後の部「砂のサイエンスー身近な砂粒のルーツを探るー」
受講生の皆さんはおそらく校庭の砂場でトンネルを掘ったり,プランターの砂で植物を育てたりした経験を持っていると思います。そもそも自然の砂はどこから運ばれてきたのでしょう?「砂丘とは風によって運ばれた砂が堆積して出来た地形」といわれていますが、砂粒にもいろいろな種類があり,ルーツ(生い立ち)があることをともに学んでみませんか?
主 催 NPO法人地学オリンピック日本委員会
講 師 午前の部: 兵庫県立大学大学院 地域資源マネジメント研究科 助教 佐野恭平 先生
午後の部: 甲南大学理工学部 教職教育センター 香田達也 先生
実施形態 ZOOMによるオンライン開催
(ZOOMが使用できるよう前日までにご準備ください。アクセス情報は申込者にのみフューチャーアース・スクール受付窓口(future.earth[at]esolympiad.jpから講座前々日にお伝えします。)
日 時 11月28日(日)  午前の部 10:00~12:00
       午後の部 13:00~16:00(休憩を含む)
費 用 無料
対 象 中学生・高校生
定 員 先着20名
お申込み こちらから ☞
※複数人のお申込みをされたい場合は、お手数ですがお1人ずつ申込みをお願い
 いたします。
※今回の講座は一括募集です。午前、午後通して受講願います。
※事前に教材を送付する為、11月21日(日)の午後5時が締め切りとなります。
 なお、定員に達し次第受付を終了いたします。
※受付確認メールを forms-receipts-noreply[at]google.com からお送りします。
 このアドレスを受信できるようにしておいてください。
 届かない場合は、迷惑メール等もみてください。それでも届いていないときは、
 フューチャーアース・スクール受付窓口(future.earth[at]esolympiad.jp)へご連絡ください。
受講者が準備するもの ・送付された教材 ・近所で見つけた砂(なるべく自然のもの)数10g
・筆記用具 (鉛筆・色鉛筆) ・(可能ならば)顕微鏡、双眼実体験顕微鏡
・B5かA4サイズの紙やノートなどスケッチができるもの
注 意 無断欠席の場合は、次回以降のお申込・参加をお断りさせていただくことがございます。
内容についての
お問い合わせ
・欠席連絡
兵庫県立大学大学院 川村教一
メール:norihito[at]rrm.u-hyogo.ac.jp
体調不良等による直前の欠席連絡はメールにてお願いいたします。

* お預かりした個人情報は委員会の規定に従い、本イベントに関連してのみ取り扱います。

* なお、この後は12月12日(日)を予定しています。おおよそ3週間前から募集を開始します。