国際地学オリンピックとは

IESO2016 国際地学オリンピック(International Earth Science Olympiad; IESO)は、国際地質科学連合(IUGS)の下部組織、Commission on Geoscience Education, Training and Technology Transfer (COGE)がその活動を支援するInternational Geoscience Education Organization (IGEO) の主要活動として創設された高校生のための地学コンペティションです。IGEOには、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリス、韓国、日本など世界22カ国が加盟しており、国際的な地学教育の普及と向上を主要目標にしています。

これまでのオリンピック開催地と開催年


第1回:韓国(2007年)
第2回:フィリピン(2008年)
第3回:台湾(2009年9月)
第4回:インドネシア(2010年9月)
第5回:イタリア(2011年9月)
第6回:アルゼンチン(2012年10月)
第7回:インド(2013年)
第8回:スペイン(2014年)
第9回:ブラジル(2015年)
第10回:日本・三重(2016年開催予定)

第10回国際地学オリンピック(2016年開催予定)は、日本・三重県で行うことが決定いたしました。

2012年の第6回大会は日本で開催される予定でしたが、東日本大震災及び原子力発電所事故の影響等により、開催を返上した経緯があります。しかしながら、日本地学オリンピック委員会では、防災や環境問題の基盤教育となる地球科学を推進するためにも、早急に国際大会を日本で開催する必要性を感じ、2016年(平成28年)の第10回国際地学オリンピック大会を誘致することといたしました。大会の規模は、最大で40カ国・地域、総勢300名(うち生徒160名)を想定しています。

国際地学オリンピック大会は、単に知識を競い合うだけではなく、国際混合チームによる野外共同作業(国際協力野外調査)を行なったり、地元高校生との交流会を通して世界各国の若人との友情を育む機会でもあります。

大会の流れ

9-11 日本地学オリンピック応募者募集
(国際地学オリンピック一次予選)
次年度の国際地学オリンピックに向けた日本地学オリンピック予選の受付は
【9月1日〜11月15日】です。
12 日本地学オリンピック予選
(国際地学オリンピック二次予選)
12月中旬の日曜日の午後、全国約80会場で2時間の試験を行います。
マークシート方式・原則として地学基礎(発展を含む)までの内容です。
3 日本地学オリンピック本選 日〜火曜日で予選の成績上位の中学3年生〜高校2年生約60名で行います。
記述式・岩石化石鑑定。
3 国際地学オリンピック最終選抜 本選直後の火〜水曜日にかけて、本選成績上位の10名で行います。
英語による筆記試験・面接などで代表4名を選抜します。
4-8 国際地学オリンピック代表研修 代表4名に対して通信研修を行い、1泊2日と2泊3日の合宿研修を5月と8月に行います。
9 国際地学オリンピック 諸事情により、時期は8月または10月のこともあります。