第9回国際地学教育会議

フューチャーアース・スクール online(2021年度第5回)


以下のとおり中学生高校生を対象とした地球科学の教育プログラム「フューチャーアース・スクール online」を実施いたします。

内 容 「若手研究者の研究例から学ぶ『雪氷・山岳研究の基礎』」
ダイナミックな地学現象を理解するにも、気候変動に伴う環境変化を敏感に捕捉するにも、山岳域は優れたフィールドといえます。今回は「氷河」「周氷河」「地すべり」等で調査を進めている若手研究者や大学院生の成果を教材とクイズとして、山岳研究の基礎・意義・魅力を学びます。
 終盤では参加者の中高生と近い年齢の講師の8人が、研究室の仲間との協力しながら厳しい山岳の現場でオリジナルデータを得ること、調査で難しいと思うこと、そのデータ解析結果の考察に悩むこと、将来の進路などについて質疑応答する予定です。
主 催 NPO法人地学オリンピック日本委員会
講 師 帝京平成大学 小森 次郎 准教授
新潟大学理学部 奈良間千之先生
国立極地研究所 西村基志先生(オンデマンド参加)
新潟大学 山岳環境研究室 8人(日本学術振興会研究員・大学院生・大学生)
実施形態 ZOOMによるオンライン開催
(ZOOMが使用できるよう前日までにご準備ください。アクセス情報は申込者にのみフューチャーアース・スクール受付窓口(future.earth[at]esolympiad.jpから講座前々日にお伝えします。)
日 時 11月21日(日)  10:00~15:30(昼休み・休憩を含む)
費 用 無料
対 象 中学生・高校生
定 員 先着20名
お申込み こちらから ☞
※複数人のお申込みをされたい場合は、お手数ですがお1人ずつ申込みをお願い
 いたします。
※11月19日(金)の午後5時が締め切りとなります。なお、定員に達し次第受付を
 終了いたします。
※受付確認メールを forms-receipts-noreply[at]google.com からお送りします。
 このアドレスを受信できるようにしておいてください。
 届かない場合は、迷惑メール等もみてください。それでも届いていないときは、
 フューチャーアース・スクール受付窓口(future.earth[at]esolympiad.jp)へご連絡ください。
受講者が準備するもの ・筆記用具 (鉛筆・色鉛筆)
・B5かA4サイズの紙やノートなどスケッチができるもの
注 意 無断欠席の場合は、次回以降のお申込・参加をお断りさせていただくことがございます。
内容についての
お問い合わせ
・欠席連絡
兵庫県立大学大学院 川村教一
メール:norihito[at]rrm.u-hyogo.ac.jp
体調不良等による直前の欠席連絡はメールにてお願いいたします。

* お預かりした個人情報は委員会の規定に従い、本イベントに関連してのみ取り扱います。

* なお、この後は以下の通り予定しています。おおよそ3週間前から募集を開始します。

   11月28(日)、12月12日(日)