もともと鉱物採集を趣味にしており、地質学に関心がありました。中高の地学研究部の先生が勧めて下さり、参加しました。予選敗退が続きましたが、高校2年生の地学の授業で地質分野以外の理解を深めることができ、おかげさまで国際の代表になることができました。

政治学に進んだ身ですが、地学をやって良かったと思っています。地学は生活を彩ってくれます。海外旅行の際には転石から地質を推察したり、星の高さの違いに気付いたりと楽しいものです。私は日本代表として世界に出る機会を頂き、国際的視野を養っていく基となりました。多くの友達を作れ、先日も海外旅行の際に国際の友達との再会を果たしました。地学に少しでも関心があれば、挑戦されることを強くお勧めします。

私立灘高等学校 卒業

東京大学法学部政治学科

松尾健司

高校生へのメッセージ:松尾健司

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。