IESO

【国際地学オリンピックについて】

国際地学オリンピック(International Earth Science Olympiad; IESO)は、国際地質科学連合(IUGS)の下部組織、Commission on Geoscience Education, Training and Technology Transfer (COGE)がその活動を支援するInternational Geoscience Education Organization (IGEO) の主要活動として創設された高校生のための地学コンペティションです。IGEOには、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリス、韓国、日本など世界22カ国が加盟しており、国際的な地学教育の普及と向上を主要目標にしています。


【これまでのオリンピック開催地と開催年】

第1回:韓国(2007年)

第2回:フィリピン(2008年)

第3回:台湾(2009年9月)

第4回:インドネシア(2010年9月)

第5回:イタリア(2011年9月)

第6回:アルゼンチン(2012年10月)

第7回:インド(2013年9月)

第8回:スペイン(2014年9月)

第9回:ブラジル大会(2015年9月)

第10回:日本(2016年8月)(三重県)

第11回:(未定。2017年)

第12回:(タイ。2018年)

第13回:(韓国。2019年)


【国際地学オリンピック三重大会の見学・取材について】

<一般の方>

8月21日 10:00-11:00  開会式
8月26日 13:30-16:30  国際協力野外調査発表会
8月27日 9:30-11:00  閉会式
の見学が可能です。いずれも三重大学の三翠ホールで開催されます。直接ホールまでお越し下さい。

<マスコミの方>

大会は一部(筆記試験など)を除き取材可能です。 お問い合わせください。
実技試験の場所は24日朝公表いたします。
取材希望の日時・内容を委員会(esolympiad@yahoo.co.jp)までお問い合わせください。


 
2016年国際大会スケジュール

●PDF版を開く

(お詫び:IEでは使用パソコンにより正常動作しないことがあります。その際はGoogleChromeなど、他のブラウザを使用してください)



【第 10 回国際地学オリンピック日本大会 報告書】

●報告書(表紙・目次)

●報告書・第1章(概要)

●報告書・第2章(準備)

●報告書・第3章(official book ・参加者)

●報告書・第4章(筆記試験・解答・結果)

●報告書・第5章-A(国際協力作業前半)

●報告書・第5章-B(国際協力作業後半)

●報告書・第6章(収支報告)

●報告書・第7章(その他)

●実技試験

●バックボード

●ポスター

(お詫び:IEでは使用パソコンにより正常動作しないことがあります。その際はGoogleChromeなど、他のブラウザを使用してください)